2011年05月13日

カプサイシン入りのリップがある?

面白い化粧品を見つけました。それは「カプサイシン入りリップ(グロス)」です。

ぴんと来ない人に説明しますと、カプサイシンとは唐辛子に豊富に含まれている辛味成分のことです。それがリップに入っているんですよ。

なぜ辛味成分のカプサイシンがリップに入っているのかというと、カプサイシンのような刺激物を皮膚に付けると、腫れてヒリヒリするからです。

ヒリヒリするためにカプサイシンを入れるわけではなく、「腫れる」ことに意味があります。

実はぽってりとした唇がセクシーということで、憧れる女性たちが多く居ます。彼女達の夢を実現するための化粧品が「カプサイシン入りのリップ」なんですね。

このような刺激物を混入した化粧品は、他にもあります。蛇の毒を使った化粧品です。

蛇の毒を混入したクリームを顔に塗ることで、顔の神経が麻痺し、しわやたるみが取れる・無くなるというものです。もちろん人体に害はありません。

カプサイシンのような刺激物を使った化粧品は、これから増えそうですね。
ラベル:リップ
posted by 陽 at 22:25 | TrackBack(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。