2011年09月27日

ルテインの評判を探る

ルテインの評判について探ると、以前に比べてルテインという名前自体はかなり知られるようになってきているということがわかります。
ルテインが使われている健康食品も、かなり増えてきています。

目に良い成分としてはブルーベリーなどに含まれているアントシアニンが有名であり、ルテインはなかなか知られていなかったのですが、健康を保つ上で適しているということから徐々に広がりを見せてきました。
ブルーベリーは海外から入ってきたものですが、ルテインは日本で昔から食べられてきたほうれん草などの緑黄色野菜にも豊富に含まれている成分です。

そのため一度ルテインの効果が知られるようになると、身近な存在として認識されるようになりました。
身近な野菜から摂取することができるものであり白内障、緑内障、老眼、飛蚊症といった眼病の予防につながるルテインの評判は高く、食生活にとりいれようという動きも強まっています。

ルテインの含有量がもっとも多いものは青汁の原料にもなっているケールですが、ケールは生のままで食べるには向いていません。
そこで青汁の効果が保証されることにもなりましたが、苦味はどうしようもありません。

そこで苦いものが苦手であるという方に向けて、ルテインを主原料としているサプリメントが増えてきています。
ラベル:ルテイン
posted by 陽 at 21:03 | TrackBack(0) | 栄養成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

ザクロはどんな果物?

ザクロは、赤い色をした果物です。
生のまま味わったりジュースとして加工したり、カクテルの材料にするなど、食用として応用する幅が広い果物です。

日本では、カクテルとしてのザクロの方が有名でしょう。
ザクロは鮮紅色の花が美しいことから、観賞用として育てられることもあります。

一口にザクロといっても花の色やかたち、果実の色にさまざまなものがあり、栽培しやすいように品種改良が行われています。
花から実がなると固い皮に覆われた状態になり、熟すと不規則に皮が割れ、内側から果実とたくさんの種子が出てきます。

ザクロは種子が多いため、豊穣や子宝の象徴とされ、多くの国と地域で愛されています。
近年は栄養成分が豊富であることによって着目されエラグ酸、酒石酸、クエン酸、カリウムといった稀少なミネラル類やビタミン類が含まれているとわかりました。

食用ではありませんが、ザクロの種子には女性ホルモンと同じはたらきをするエストロゲンが微量に含まれています。
ただ、ザクロの種子は生のままでは苦くて食べにくいため、種子を使った油として利用されています。

ザクロに含まれるエストロゲンは更年期障害や乳ガンにも効果があるとされましたが、現実的には量が少なすぎるという問題もあります。
posted by 陽 at 21:13 | TrackBack(0) | 栄養食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。