2013年05月27日

鼻づまりの解消にかかる時間

鼻づまり解消にかかる時間は、平均して数分から10分程度のものです。
例えば温めたタオルを当てるなら、5分くらいで自然に鼻水が流れ、鼻腔の空気の流れが改善されます。
ただし薬剤療法の場合は時間が長くかかります。
抗ヒスタミン剤なら即効性に優れ、数時間以内に鼻づまりが解消されますが、抗アレルギー剤を投与すると、およそ2週間ほどかかってはじめて効果があらわれます。
そんなに長い時間待てないという人は、温めたタオルを当てたり、蒸気を吸い込んだりと、民間療法でその場は耐えるということになります。
病院で処方される薬より弱い市販の点鼻薬ならある程度即効性を持ち、鼻づまりの症状を緩和できます。
ただ症状が軽い人にしか効かず、対処療法にしかなりません。
鼻づまりを手術で解消する方法では、レーザーなどでアレルギー反応を起こす部位を焼くことになります。
麻酔をかけるため痛みはなく、数分の治療を数回繰り返して初めて治ります。
posted by 陽 at 19:45| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。