2012年02月29日

開店祝いで花を贈る

開店祝いで花を贈るのは定番で、無難であり、失敗の少ない贈り物として定着しています。
開店祝いだからと言って、大きな花輪を贈る必要はなく、開店するお店のイメージに合っていれば何でも構いません。

花が定番であるのは、年齢、性別を問わず喜ばれる贈り物であること、相手のイメージ合わせやすいことがからです。
贈る方としても極端に高価な花はなく、自分の経済状態と相談して決めることが出来るため、楽に決断できるというメリットがあります。

ただし贈るタイミングと用途については若干考える必要があります。
良くないのは赤い花で、これは火をイメージさせ、開店したお店が火事で燃えてしまうような悪いイメージを連想させます。

同じ意味で花以外の火を連想させる贈り物はタブーとされています。
開店祝いで失敗しないためには、花の専門家である花屋さんに相談し、指定した日に届くように依頼します。

どんな花を選べばよいのか分からない時も、花屋さんと相談してお店の雰囲気の合うものを選択しましょう。
posted by 陽 at 05:47| 行事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

当選祝いの段取り

当選祝いは当選が確定してから贈るものではありますが、いざ贈るとなるとさまざまな法律上の制約などで混乱することもあるため、事前に段取りをしておくことが大事です。
例えば当選祝いの電報を送る場合でも、当選が確定してから文面を作成するというのでは、当日に届けることが困難となる場合があります。

せっかくお祝いの気持ちを伝えるのだから、短いお祝いの言葉だけではなく、心のこもった文面を贈るということが相手にも喜ばれます。
選挙で当選が確定すると当選者には山のように電報が届くようですが、一つひとつを丁寧に読む当選者の方はわりと多いようです。

ですから事前の段取りで文面を用意しておいて、心のこもったお祝いの電報を贈るということが大事です。
またいざ当選祝いを贈るとなると、費用の相場や何を贈ったらいいのかと悩むことも多いかと思います。

こういったことも事前の段取りで調べておくと、あわてずに当選祝いに適したものを贈ることができます。
ラベル:当選祝い
posted by 陽 at 15:03| 行事関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。